記事詳細ページ

杉沢観音のわらじ掛け替え

杉沢観音のわらじ掛け替え:画像

先週お伝えしました、「杉沢観音」の仁王門わらじの掛け替えが、6月10日〜11日に予定通り行われました。

2日間かけて1から巨大わらじ1足分を作っていくのですが、ほとんど全てが手作業によるもの。

藁の葉をとり、藁打機に通して加工しやすく、叩いてさらに柔らかくし、藁で覆った竹枠に巻き付けて約2mのわらじを作っていきます。

捻じりながら巻き付けていくのですが、力もさることながら経験がものをいう作業のため、職人のなせる業なのだと感じました。

こうして約2mにもおよぶ巨大わらじが作られ、足腰が強くなるように、よく治るようにという信仰から仁王門に奉納されます。

地区の方々が一生懸命繋いできた杉沢観音のわらじ。

また気持ちも新たに見守ってくれることでしょう。

 

2017.06.12:[旬の白鷹情報]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
白鷹町観光協会ブログへ